七輪でお餅を焼いたよ!(21.1.29)
1 February,2021By: 名田島小 HP管理者
1月29日(金)、3年生が総合的な学習の一環で、七輪を使ってお餅を焼きました。
s-DSC_0003 (2).jpgs-DSC_0018.jpgs-DSC_0021.jpg
今回の指導者は、校務事務の河内先生です。
子どもたちは、七輪で火を起こすのは初めて。しっかりとお話を伺います。
s-DSC_0004 (2).jpgs-DSC_0022.jpgs-DSC_0028.jpgs-DSC_0005 (2).jpg
七輪に軽く丸めた新聞紙と乾いた大豆がら、小枝を入れ、マッチで火を付けます。
マッチで火を付けるのも初めての子どもたち。最初はなかなか上手くいきませんでしたが、
何とか自力で火を付けることができました。
小枝に火が移ったら、木炭を入れて内輪であおいだり、火吹き竹で吹いたりします。
七輪の口を風上に向けて、空気が入りやすいようにもしました。
s-DSC_0044.jpg次に自分たちが収穫した大豆をしっかりと煎っていきました。
そしていよいよお餅を焼いていきます。
s-DSC_0009 (2).jpgs-DSC_0050.jpgs-DSC_0011 (2).jpg
焼いたお餅は、きなこと砂糖醤油でおいしくいただきました。
小雪が舞う寒い日でしたが、心も体もポカポカになりました。
s-DSC_0054.jpgs-DSC_0055.jpgs-DSC_0056.jpg















Top of Page