特別支援教育研修会
20 October,2020By: 井関小 HP管理者
 学校では授業力や児童理解力を磨くために研修を行っています。いつもは、研究授業などを通してお互いが意見を交換する中で指導技術を高めることが多いのですが、今回は特別支援教育に関して、指導者からお話を伺ったり教材を見せてもらったりしながら勉強しました。
 講師は、阿知須小学校通級指導教室ご担当の江崎先生です。今日の研修では特に、文字を読んだり書いたりすることに困難さのある子どもたちの指導において、有効な教材や指導方法を教えていただきました。
 タッチペンやタブレットで読みをアシストする教材や、鉛筆の握りや定規などの使い方を補助する道具は、子どもたちへ学習意欲や満足感を高めます。スリット入りのシートの利用は小さい文字の並んだ本を読むときなど、大人でも便利に感じるものです。
 今回教えていただいたことを参考にしながら、すべての子どもが学びよい、ユニバーサルな授業をめざしていきたいと思います。

s-CIMG5836.jpg s-CIMG5841.jpg


Top of Page